海外でもポイントカードを使おう!

ポイントの話題になると、貯めるか貯めないかで1つの分かれ道。

私は断然、貯める派です。

ポイントのために購買意欲を掻き立てられている部分も大きいですが、お得に上手にポイントをためればお小遣い程度ですが、ちょっと得した買い物が出来ます。

そこで、私が最近、目をつけたのは、海外でのポイントの貯めかた。

3種類の有名なポイントのお得なためかたです。

是非参考にしてみて下さい。

1.Tポイント言わずと知れた、TUTAYAのTポイントカード。財布に1枚入っている方も多いはずのメジャーなポイントカード。

これ、海外のショップでもTポイントカード提示したら、ポイント貯めれるってご存知でしたか?

夏休みや長期休暇の海外先でちょっと気を付けて見ると、結構な割合でTポイント提示OKがでています。

主な国は、ハワイ、グアム、タイ、シンガポール、バリ島、韓国、中国です。

店舗で提示してポイントが付く場合と、買い物したレシートを専用カウンターでポイントを付けてもらい方法もあるので、わからない場合は現地で確かめるのが一番。

また、現地語で「ポイントを貯めたい」というフレーズが話せると会話がスムーズになると思うので是非、調べておくとgoodです。

例:「ポイントを貯めたい」→「I’dliketosaveapoint.」

2.dポイントNTTドコモが展開するdポイントは、海外3都市(ハワイ、グアム、ニューヨーク)、合計70店舗で利用できます。

中でも免税店や飲食店が多いので気を付けてマークを探してみて下さい。

カードまたは、アプリをダウンロードして表示されたバーコードを提示することでポイント付与のチャンスです。

Tポイントに比べて国の数は少ないですが、携帯を持っていたらできるので、身軽な方にはおすすめです。

3.Pontaカードローソンで貯められるポイントカードですが、現在はインドネシアやマレーシアで利用できます。

ちょっと穴場な国ですが、この地域へ旅行に行かれる方はPontaカードは必須持参です。

対象は百貨店やスーパー、ガソリンスタンドまで範囲が広いのでこちらも要チェックのカードです。

現在日本のポイントカードを展開するのは、アジア圏などを中心としており、ヨーロッパやアメリカ地域での展開は少ないですが、今後の事業次第では変わる可能性はあるので、海外旅行前はポイントカードをチェックしてみてはどうでしょうか。

海外でもポイントカードを使おう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る